LINEで送る
Pocket

先日ファーストサーバの障害が発生し、サーバを持っている皆様はバックアップの重要性を再確認したのではないでしょうか?

私もその一人で、これからはWordPressのバックアップを取得することにします。

今回紹介するプラグインは”Backup”というプラグインです。
backup

特徴は、GoogleDrive or ローカルへwordpressのDBファイルなどをバックアップできます。

使い方の説明の前に・・

WordPressのバックアッププラグインというと”backWPup”が有名だと思います。

backWPup

バックアップデータをDropboxやAWSなどの有名所のクラウドストレージへ保存してくれる優れものです。

他のブロガーの方々は大体こちらを推薦しています。

私もはじめは”backWPup”を使おうと思ったのですが、当方の環境では動作せず、

原因を色々探ってみたのですが、特定できずギブアップしました…

どうしてもbackWPupが動かねーよ!」という方は今日紹介する”Backup”を試してみて下さい!

[使い方]

  • インストール

まずはいつも通りプラグインをインストールして下さい。

backup

  • 設定

プラグイン -> Backup -> Setting

Local folder Path : ローカル保存先

Store a Maximum of : 世代数

When to back up : バックアップ周期

※cronでバックアップする人は”never”を選択

なお、今回はDBのエクスポートが目的なのでGoogleDriveへバックアップは試していないのですが、色々手間がかかりそうです。

 

詳しく解説している方がいたので下記よりどうぞ。

google-driveにwordpressのバックアップをとってくれるプラグイン

Advancedはバックアップ対象を選択します。

Database : 対象テーブル

Content : $WORDPRESS/wp-content

Uploads : $WORDPRESS/wp-content/uploads

Plugins : $WORDPRESS/wp-content/plugins

  • バックアップ実行

実行は簡単です。

画面右下の”Manual backup URL:”に記述されているURLへアクセスするとバックアップが開始されます。

  • バックアップ後

設定した保存先へバックアップファイルが作成されていたらOKです。

  • おまけ

設定の”When to back up”で書いてあったcronでの実行方法ついてですが、下記コマンドをcrontabへ追加すればOKです。

curl “http://hoge.com/?backup”

  • 備考

バックアップサイクルについては、手作業でバックアップした時間が基準として設定したサイクルでバックアップを実行するようです。

時間を決めてバックアップを取りたい方はcronで回すしかなさそうです。

この辺りはバージョンアップで対応して欲しいところです。