LINEで送る
Pocket

[Raspberry pi] LCDディスプレイを取り付けて天気予報付き置き時計にする

Raspberry PIネタです。 今回は、Raspberry PI2にLCDディスプレイを取り付け、置き時計にしてみました。

2016/03/30 GitHubへリポジトリ公開しました!!!

pi_weather

LCDディスプレイ

ebayでディスプレイ、タッチペン、ケース、ヒートシンク付きの商品を送料込みで3000円程度で購入しました。

  • 検索キーワード “3.5 Raspberry Pi B B+ PI2 Touch Screen Monitor 480×320 LCD + Case Heatsink”

国内であれば、秋月や千石、Amazonでも似たような商品を販売しています。

準備

組み立て

付属のケースを組み立て、GPIOピンへディスプレイをセットします。

pi2

OSイメージ書き込み

専用のイメージが必要のようなので私の購入した商品の場合は、以下からダウンロードしました。 download

イメージの書き込みや、初期設定などは、通常のraspbianと同じのため省略します。

天気+時計画面のセットアップ

※2016/03/30
今まではparse.comにhtmlをホスティングしていましたが、2017年にサービス停止するので、pi単体で動くよう修正し、GitHubへアップしました。

以下のリポジトリをcloneしてセットアップしてください。

手順などはGitHubに書いてあります。
pi_weather

kiosk化(フルスクリーンブラウザ)

時計の画面は、htmlで作成しそれをフルスクリーンで表示します。 kioskというパッケージを使用してフルスクリーンを実現します。

参考サイト http://plaza.rakuten.co.jp/kugutsushi/diary/201404200000/ http://blog.gordonturner.ca/2015/02/18/raspberry-pi-full-screen-browser-2015/

  • /etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostart

最後にリブートして完了

pi3

メモ

piユーザーでstartxが起動できない

デバッグするために、startxを起動していたところ、 SDにイメージを焼いただけでは、ディスクフルになっており、 startxが起動できませんでした。 raspi-configより”Expand filesystem”を実行し、空き容量を増やしましょう

時計画面のページについて

お好きな地域の気象情報が簡単に設定できるようにしたバージョンをGitHubへ公開しました。
pi_weather


広島市の気象情報付きのページを以下に置いています。 ソースを覗くなどご自由にご利用下さい。 ※他の地域のバージョンが欲しいという場合は、対応しますのでコメント下さい。
http://util-o24.parseapp.com/weather

画面サイズ

480×320

時間の誤差について

自宅の電波時計とntpを比べると電波時計が1秒早い